オンラインカジノ入門編 - オンラインカジノ比較サイトまとめ~マッカラン~

【Queen Casino】元人気AV女優の上原亜衣が公式モデルとして大抜擢♡

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オンラインカジノと税金について

オンラインカジノ自体が日本の法律で問題がないのか?ということについては説明してきましたが、その他にも法律関係で気を付けておきたいことがいくつかございます。
それは、オンラインカジノで当たって儲かった後、【儲かった金額に対して税金がかかるのか】…ということです。

オンラインカジノは税金が発生するものなの( '-'* )?

結論から言うと、オンラインカジノで税金は発生します。
ギャンブルで一気に儲かった場合、これらは「一時所得」として課税対象となり、オンラインカジノもその対象に含まれます。
「一時所得」となるのは、下記のような場合です。

1.懸賞や福引きの賞金品、競馬や競輪の払戻金
2.生命保険の一時金や損害保険の満期返戻金等
3.法人から贈与された金品
4.遺失物拾得者や埋蔵物発見者の受ける報労金等

なので、オンラインカジノで稼いだお金は、上記の1に該当します。

他のギャンブルは必要ないのに、なぜ税金がかかるの( '-'* )?

競馬やパチンコなど、他のギャンブルの経験がある方は、「他のギャンブルは税金を払っていないのに、オンラインカジノは払わないといけないの?」と思いませんか??
実のところ、他のギャンブルでも、税金を払う必要がないわけではありません。
本当はきちんと税金を払わなければいけません(`・ω・´)キリッ
しかし、競馬やパチンコなどのギャンブルは現金受取のため証拠がなく、税務署側でも対処しきれないのです。
そのため実際はわざわざ税金を払う人がおらず、税務署も大目に見ている、というのが現状なのです。
それに対して、オンラインカジノの場合は換金方法が銀行振込や小切手しかなく、必ず受け取ったという証拠が残ります。
(Netellerのデビットカードを使用してATMから現金を引き出す場合は、証拠が残りません。)
現金受取ができる他のギャンブルとは勝手が違いますので、きちんと確定申告はするようにしましょう。
確定申告をしておけば、儲けた手段まで詮索されることはまずないので、特に問題なくクリアできるかと思われます。

課税対象ってなに( '-'* )?

オンラインカジノのプレイヤーには、普段は企業にお勤めの方も多いかと思います。
勤めている企業の収入ではないので、個別に確定申告を行う必要があります。
確定申告に気を付けなければならないのは、普段企業にお勤めの方の場合で、お勤めの会社での給与以外の給与収入と、その他の所得の合計が20万円を超える人です。

税金の発生時期・申告時期はいつごろなの( '-'* )?

具体的には、その年の1/1~12/31までの勝ち金による収入の確定申告を行います。
たとえば6月にオンラインカジノを始めた人は、6月から12/31までに200万円儲けた場合、200万円が確定申告の対象となります。
確定申告の時期は、基本的に収入が発生した翌年の2/16~3/15ですので、お忘れなくo(・`∀´・)

課税金額の算出方法は( '-'* )?

ここでは、確定申告の対象となる課税金額の算出方法について、具体的に見ていきましょう。
オンラインカジノの所得は「一時所得」にあたると先ほど説明しましたが、この「一時所得」の金額の算出方法は下記のようになります。
【総収入額】-【支出金額】-【特別控除額(最高50万円)】=【一時所得の金額】
このうち課税対象(所得税)となるのは、この計算式で算出した金額の「2分の1」です。
さらにギャンブルにおいて重要なのは、ギャンブルによる損失額を支出金額にカウントすることはできないということです。
つまり純粋に儲けた金額のみが課税対象となります。
先ほどの計算式をオンラインカジノ向けに置き換えると、次のようになります。
【勝ち金】-【ベットした金額】-【特別控除50万円】=【一時所得】
また、上記の計算式のように特別控除が50万円差し引かれますので、70万円以上儲けていない場合は所得の合計が20万未満となり、申告しなくてもOKということになります。

確定申告の流れは( '-'* )?

普段企業にお勤めの方は、確定申告の時期までに、お勤めの企業から「源泉徴収票」が手渡されます。
この「源泉徴収票」をもって、税務署で確定申告を行います。
確定申告の際に気を付けておきたいのは、確定申告書二面の「給与所得者がその他の所得にかかる住民税の徴収方法」の欄で、「普通徴収」にチェックを入れなければならないということです。
「普通徴収」にチェックを入れることで、住民税徴収書が自宅に届くことになります。
もし「普通徴収」にチェックを入れ忘れてしまうと、お勤め先の会社に住民税徴収所が届き、最悪オンラインカジノで稼いだことがばれてしまうという可能性も…
細かい部分ですが、儲けたお金を無駄にしないためにもきちんと忘れないようにしましょう。
確定申告に必要な書類は以下の3点です。

1.源泉徴収表(12月~翌年1月頃に、勤め先の会社より受け取ります。)
2.支払調書(12月~翌年1月頃に、オンラインカジノ側から受け取ります。【※】)
3.経費の領収書・レシート(所得300万円以下は領収書・レシートは必要ありません。)

※オンラインカジノのサポートに「支払調書を下さい」と問い合わせてみてください。
また、公式サイトに問い合わせなくても、証拠書類としてPCから収支明細をプリントアウトしたものや、自分で記入したメモでもOKとなることもあります。






スポンサーサイト

オンラインカジノは果たして稼げるのか?

オンラインカジノって実際に稼げるの(。´・ω・)?

オンラインカジノは最も稼ぎやすいギャンブルと言われております。しかし、そう言われてもピンとこない方のほうが多いのではないでしょうか・・・
ですが私は実際にそう思ってます。
逆に他にもっと稼げるギャンブルがあればこっそりと教えてほしいくらいですねw

どうしてオンラインカジノが最も稼ぎやすいギャンブルなのか(。´・ω・)?

その答えは、ペイアウト率が高いということが要因と言えるでしょう。

下記データーをご覧ください。日本のギャンブルのペイアウト率と比べて、圧倒的に違う事がわかると思います。

【ペイアウト率比較】

オンラインカジノ
約97%
パチンコ・パチスロ
約80%
競馬
約70%
競艇
約70%
宝くじ・ロト
約40%

ペイアウト率って何なの(。´・ω・)?

ペイアウト率というのは簡単に言うと、プレイヤーが勝つ可能を表したものです。(全てのプレイヤーが賭けた金額に対して、何%が賞金として還元されているのかを指します。)

例えば、パチンコで100万円分を賭けたとします。100万円の代わりに出てくるパチンコの玉はその時点で80万円に目減りしているという事です。

海外のランドカジノではペイアウト率は表示の義務がありますが、日本では表示の義務などはありません。(表示しない理由は言わなくてもわかりますよね(;^ω^))
日本のギャンブルのペイアウト率がオンラインカジノに比べて低い理由は、税収として国が回収しているからなのです。

オンラインカジノのペイアウト率が脅威の97%を維持できる理由って(。´・ω・)?

オンラインカジノは、ネット上のカジノのため店舗を構える必要がございません。コストを最小限に抑えているのでペイアウト率を上げても平気なのです。(土地代、人件費、その他維持代はほとんど要らないのです。)
例えば、あるオンラインカジノ(ペイアウト率97%)で年間200億の売上があれば、そのうちの194億円をプレイヤーの賞金として還元し、残りの6億円を利益として運営しているという事なのです。

ランドカジノでもペイアウト率は約95%といわれており、オンラインカジノは私たちにとって、最も優しいギャンブルだと私は考えております。

プログレッシブゲームで億万長者続々と登場(。´・ω・)?

オンラインカジノでは一夜にして、億万長者となるプレイヤーが続々とでています。
その理由は、プログレッシブゲームというゲームがあるからです。(またはジャックポットゲームとも呼ばれます。)
このゲームはスロットゲームによく搭載されてるシステムで、プレイヤーが賭けた金額が少しずつ積み立てられ、ある当選者に全額を支払うという累計型のゲームです。

このプログレッシブゲームはオンラインカジノの経験関係なく、誰でも平等に当たるようになっていますので、一攫千金を狙う方は一度試してみてみるのもアリですよねw






続きを読む

優良なオンラインカジノの比較基準とは何だろう??

優良なオンラインカジノのを比較する基準ってあるの(。´・ω・)?

オンラインカジノを比較する上で、一番稼げるサイト、スマホで遊べるサイト、最新のシステムを搭載しているサイト、バカラならどのサイトが一番いいのか?・・・等々、人によって基準が異なってくると思います。
比較基準自体が異なれば当然、比較の優劣も違ってきます。
しかし、上記のような比較をする前に必ず行って欲しい比較があります。

それは、優良なオンラインカジノはどれか、という基準なんです。
そもそも、そのオンラインカジノは安心して遊ぶことが出来るのか、ここを先に見分けないと元も子もありませんし、不安ですよね?
なので、その比較基準というのを簡単に説明します。

優良なオンラインカジノの比較基準って(。´・ω・)?

当サイトがオンラインカジノを選ぶ上で重要としている判断基準は・・・

・どのライセンスを取得しているか?
・何のソフトウェアを採用しているのか?
・プレイヤーの評判は?トラブルは起こっていないか?
・サポートの対応力、カバー力はどうか?
・入出金の手段は何があるか?
・ペイアウト率は何%か?など

上記を比較基準として、チェックしていきます。
ただ、これら全ての基準をチェックしようとすると、必ず実際にプレイして確かめなければならない項目も出てきます。
それでも自分でチェックしたい方は、それでいいと思いますが、なるべく優良なオンラインカジノだけで遊びたい方は、当サイトがオススメしているオンラインカジノを参考にしていただくのも一つの手だと思いますよ。

どれだけ比較しても限界があるのでしょうか(。´・ω・)?

当サイトでは、悪徳な行為をしたオンラインカジノは紹介していませんが、過去に有名なオンラインカジノが不払いなどの悪質な行為をした例がありました。
そのオンラインカジノは日本語対応もしていた事もあって、日本人ユーザーは安心してプレイしていましたが、そのような行為が発覚し、日本語対応しているからといって全てが優良なオンラインカジノではないという事を覚えておいてください。

このような行為から、オンラインカジノが優良かどうかを見分ける確実な手段は、実際に遊んでいるプレイヤーの声や評判を聞く事と、そのオンラインカジノの実績をみる事が大切だという事も言えますね。

オンラインカジノ初心者が注目すべきポイントとは(。´・ω・)?

オンラインカジノをはじめてプレイするにあたって、優良なオンラインカジノを選ぶことが大切だということを説明してきました。
しかし、優良なオンラインカジノだからといって初心者の方が気軽に遊べるというわけでもありません。
オンラインカジノをはじめてプレイするにあたって、プレイするまでのハードルが高かったり、お金の引き出し方がわからない、ボーナスでのルールを違反した、など多くのトラブルが待っています。
(私もはじめは何も知らなかったので、いろんな壁にぶつかりましたw)

そこで、そのトラブルを解決する一番早い方法が、オンラインカジノのサポーターに教えてもらう事です。
なので私が言いたい、オンラインカジノ初心者が注目すべきポイントは、何か困ったときに対応してくれるサポートが充実しているかどうかです。
また、日本人サポーターによるプレイヤーのサポートを、24時間いつでも対応してくれるオンラインカジノもあります。

基本的にはライブチャットというチャット形式でその場ですぐに対応してくれます。
なので、サポート体制というのは初心者にとって非常になってきます。







続きを読む

オンラインカジノの運営って?それって怪しくない??

今回はオンラインカジノの運営って?それって怪しくない??っていう初心者の方なら一度は抱く疑問についてお話しさせていただきます。

運営会社って怪しくないの(。´・ω・)?

オンラインカジノは約2500サイト以上があると言われておりますが、そのほとんどが残念ながら怪しいサイトだと言われています。
しかし!!中には、しっかりと国や政府の許可を得て合法的に運営している運営会社があります。(もちろん当サイトでは、合法的に運営している一流のオンラインカジノ運営会社ばかりをご紹介致しております。)

オンラインカジノ運営会社の構造はどの様になってるの(。´・ω・)?

オンラインカジノの全体的な構造は、私たちを含めて4つの構造でなっています。

・プレイヤー(私たち)
・運営会社(オンラインカジノを運営する会社)
・ソフトウェアの開発会社(運営会社にソフトウェアを提供する会社)
・決済会社(運営会社とプレイヤーの間に立ち、お金の管理をする会社)
オンラインカジノ運営の構造

合法的にオンラインカジノを運営するにあたって必要なものってあるの(。´・ω・)?

オンラインカジノを合法的に運営するためには、ライセンス(運営許可証)が必要になります。(ライセンスを取得していない様な怪しいオンラインカジノでは絶対に遊ばないでください!!)

ライセンスは世界各国の政府から発行されており、国や政府から設けられた厳しい審査基準をクリアした一流のオンラインカジノ会社のみにライセンスを発行します。
発行する政府によって基準は異なりますが、一般的に審査基準は非常に厳しいと言われており、一度では通らず何度も審査を依頼する会社も多々ある様ですね。

※ライセンス(運営許可証)を発行する国や政府

マルタ共和国(Malta):イギリス連邦加盟国
ジブラルタル(Gibraltar) :イギリスの海外領土
マン島(Mann)

運営会社は継続的に監視されているって本当なの(。´・ω・)?

オンラインカジノを運営するにあたって、ライセンスを取得後、好き勝手に運営されるとライセンスを許可した意味がなくなってしまいます。
ライセンスを取得後も、健全でクリアな運営をしているかどうかを監視する第三者監査会社が存在するのです!
(プレイヤーにとっては非常に安心できますよね( *´艸`))

※主な第三者監査会社

・ TST(Techinial Systems Testing)
・ eCOGRA(イーコグラ)

TST(Techinial Systems Testing)って何なの(。´・ω・)?

オンラインカジノだけでなく、ランドカジノのRNGの検査や監査をしている機関で、RNG検査機関として業界トップとなります。
(RNGはRandom Number Generatorの略で、規則性ないランダムな結果を出す乱数発生プログラムの事を指します。)
TSTはアメリカの宝くじの監査等もしているすごい機関なのです!

eCOGRA(イーコグラ)って何なの(。´・ω・)?
イーコグラはオンラインカジノ会社を監視する第三者監査会社の事です。
実は、イーコグラが設立されてようやく、プレイヤーと運営会社の間に公正なルールとなる基準が設けられるようになりました。
それまでは、トラブルが起きてしまっても、プレイヤーは何もする事ができない状態でしたが、イーコグラが設立されたことにより、イーコグラが、中立的なポジションからのアドバイスを受け、トラブルの解消が可能になりました。

これら上記の第三者監査機関からの監視を受けているオンラインカジノは、比較的安心できる会社であると判断する事もできます。

また最近では、元AV女優の上原亜衣さん等をイメージキャラクターにするクィーンカジノの様な新しいオンラインカジノも参入してきており、クリーンなイメージが定着しつつありますね(*´ω`*)ニッコリ





続きを読む

オンラインカジノって合法?違法?

今回はオンラインカジノって合法?違法?についてご説明いたします。
説明文も長いので大変ですが、かなり重要な知識になります!!
私も勉強中のため、一緒に知識を深め合いましょうね。

オンラインカジノの法律性は(。´・ω・)?

オンラインカジノの法律性については、オンラインカジノを始めるにあたって、必ず理解しておく必要性があります。是非とも熟読していただきたいです。

・私たち日本人が、日本でオンラインカジノをプレイする事とは?
・運営会社の法律性とは?

オンラインカジノの法律性については、上記の2つが挙げられますが、主に私たち日本人が、日本でオンラインカジノをプレイする事についての説明を致します。

日本人がオンラインカジノでプレイしても大丈夫なの(。´・ω・)?

オンラインカジノは日本でプレイすると違法ではないか?また、バレたら捕まるのではないか?と不安に思っている方のほうが多いかと思います。この疑問に対する答えは・・・ 今のところ問題ございません( *´艸`)ムププ
なぜならば、現在そのような法律が日本に存在しないからです。日本で日本人がオンラインカジノをプレイする事についての法律自体がないという事なのです。
まぁ、わかりやすく言ってしまえば、グレーゾーンなんです(;^ω^)

なぜ法律がないのか(。´・ω・)?

これは、1999年頃から日本にインターネットが普及したことにより、オンラインカジノというギャンブルが、国境関係なく日本に流入してきました。しかし、オンラインカジノが今のところ社会現象までにまで発展しておらず、わざわざ法律を作ってまで規制するほどではないという考えではないでしょうか。

オンラインカジノで摘発された日本人はいるの(。´・ω・)?

オンラインカジノで摘発された日本人はこれまで1人もいませんΣ(゚Д゚) なので、プレイしたからといって捕まるわけではないのです。

※しかし、合法的に認めらているわけでもないため、今後どういう動きがあるかはわかりません。そのため法律性についてはしっかりと理解した上で遊ぶ事が、自分の身を守るために必要であると思います。また、当サイト内でも法律についての新着情報等は、オンタイムで配信予定でございます!

日本の賭博罪とオンラインカジノの関係性について。

日本では、基本的にギャンブルをする事自体が法律で禁止されています。・・・ということはオンラインカジノは賭博罪にあたるのではないか?という議論が起こりますよね・・・
では、上記について詳しく説明したいと思います。

まず、オンラインカジノが賭博罪で疑われるポイントは以下の2つです。

・刑法185条:賭博をした者は50万円以下の罰金又は科料に処せられる。
・刑法186条:賭博を開帳した者は「3カ月以上5年以下の懲役」に罰せられる。

つまり、賭博をすることはもちろん、賭博を開帳することも禁止ですよ!という事です。
では、オンラインカジノは賭博罪になるのではないのか…ってなりますよね??

しかし、、日本人がマカオやラスベガスに行きカジノで遊んでも捕まらないのはご存知の通り。実際に芸能人や、大企業の社長さんたちは、メディアを通じてお話しされているケースもございます。

なぜならば、賭博罪とは現在日本での法律上、国外犯処罰規定に含まれておらず、海外で賭けをする事は大丈夫ということになっているのです。

そこで、日本でオンラインカジノをプレイすることについて考えてみると、人気のオンラインカジノのサーバーは海外にあり、しかもオンラインカジノ運営会社は合法的に許可を取得して運営している。
また、賭博罪には、必要的共犯という賭博を開帳する側と賭博をする人が共に違法性があるのが条件なので、摘発されるのは難しいという事になるのです。

また、オンラインカジノといっても、私たちはパソコンでクリックしているだけの行為なので、賭博をしていることになるのか?といった議論もあるようですね(;^ω^)

以上を踏まえたうえで、オンラインカジノを日本でプレイしたからといって国が私たちを取り締まることは、非常に困難であるといえるのではないでしょうか。
ただ、注意してほしいのは、オンラインカジノ会社のサーバー自体の設置が国内である場合は違法なので、絶対にプレイしないでください!!!





続きを読む

当サイトは気になる海外のオンラインカジノを徹底比較!初心者の方にもお得な情報を集めました。    
Copyright © オンラインカジノ比較サイトまとめ~マッカラン~ All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。